腋臭イメージ

自分が腋臭と知ってからの傾向と対策

自分が腋臭と知ったのは、母親からの「あんたたち腋臭だよ」の一言でした。
あんたたちというのは、私を含む姉妹3人。
そう、私たち3姉妹は遺伝的に腋臭だという事実を母親から突きつけられたのでした…。
その事実を教えられたのがおそらく小学生高学年の頃だったので、もしかしたらすでに臭っていたのかもしれません。
母親から聞いた時のショックさは相当なものでしたが、早いうちに指摘してくれた事は大変ありがたかったなと思っています。
よく何かの相談コーナーで、「友達が腋臭です。指摘すべきでしょうか。」といった相談が見受けられますが、もしかしたら自分が友達にそんな相談をさせてしまっていたかもしれないと思うといたたまれない気持ちになります。
ということで、かなり早い段階で腋臭と知ることができたので、その後の人生は常に脇の臭いをどのようにおさえるかということについて考える日々となりました。
中学、高校という多感な時期は特に臭いに対してとても敏感になり、必要以上に制汗剤をシューシューする毎日でした。
ちょうど周りの友人も匂いに興味がわいてくる年頃であったため、制汗剤が一種の流行りのようになり必要以上の制汗剤も不自然ではなかった事が救いでした。
ただ、その当時はなぜかあまり気にとめていなかったのですが、毎日着ていた白い半袖ジャージの脇が黄色くなっていたのです。
むしろ変色して茶色っぽくなっていました。
どうしてか、当時はそこまで気がまわらず、それに対する対策はとってはいなかったので、周りがどう思っていたか考えてしまうとちょっと恐ろしいです。
そんな思春期を経て、すっかり大人になった自分のこれまでの傾向と対策をまとめてみたいと思います。
まず、腋臭が一番でやすいシチュエーションですが、何といっても緊張して変な汗をかいた時です。
しかも、そんな時は大概ジャケット等なかなか洗濯できない洋服を着ている時です。
しかもジャケットについた腋臭臭は水でたたいてもクリーニングにだしても臭いがなかなかとれません。
これは特に社会人になった時に感じたことですが、緊張した時の汗は少量であってもとても臭いです。
これは実際に理由があるようです(何やら複雑なので書きませんが…)。
そこで、なかなか洗濯できない洋服を着ている時の対策ですが、これまで様々な実験をして現段階では一番効果的な方法を紹介します。
まず、毎日やっている基本的な臭い対策をします。
自分だったら、夜のお風呂上がりと朝出かける前に直接脇に塗るタイプの制汗剤を塗ります。
そしてプラスアルファとして、脇の部分が厚くなっている下着を着ます。
自分は東急ハンズで2000円程度で購入したのですがこういった下着は生地自体に洗剤や柔軟剤のいい香りがつきやすく、持続性もあるのでおススメです。
その上に、コットン素材のカットソーやシャツを着てジャケット等はおります。
ここまでが家でする下準備です。
そして、一番重要な対策が、緊張するであろう場面の直前に「脇に直接貼るシート」の装着することです。
これは割と最近できた商品だと思うのですが、いいです、これ。
汗じみもある程度おさえられます。
ここまでやると安心感もあるのか、ほぼ臭いません。
ただ、経験上、長時間脇に貼っているのはあまり良くないと思います。
場合によってはかぶれます。
肌色タイプと透明タイプがあるのですが、肌色タイプのほうが粘着力も適度でおススメです。
自分のベストな使用方法は、肌色タイプのシートを緊張状態にあるであろう状況時のみ貼るというものです。
以上が、現段階でのベストな方法です。

Copyright(C) 2013 におい改善.com All Rights Reserved.