腋臭イメージ

腋臭の人は運動した後の清潔さが大切

腋臭の人は運動をするときに気をつけなければいけないことがあります。
それははじめに脇のしたの汗をあらかじめふきとっておくことです。
普段の生活でも汗をかくといつの間にか腋臭の臭いがしてしまうことがあるくらいに脇の下の汗には注意が必要なことがあるのです。
運動をすると、服などのわきの下には汗のにおいと腋臭のせいで強い臭いが残ってしまうので、学校などではあらかじめタオルなどを汗をぬぐうときのために用意しておいて、その後臭いを洗い流せれば一番いい方法です。
どうしてもそれが無理なときにはデオドラントの香りの強いものでごまかしたりはしないで、ティッシュでもいいので汗を少しでもふいておくことが大事です。
そして着替えることです。
学生時代、軽めの腋臭だったのですが運動したあとには体育の後の臭いが気になってわきの下を清潔に保つことばかりを考えていました。
ミニタオルなどをぬらして汗をふいたあとにティッシュでもう一度ふいてぬれているのをなくします。
そしてその後に専用の薬のようなものをつけていました。
そうすると少しでも臭いがしなくなるのでとてもよかったです。
専用のものを見つけられないときには、ミョウバンを水でとかしたものをわきの下にぬっておくといいようです。
ミョウバン水というものですが、これはよく売られている、専用のミョウバンを固めたものと同じような役割を果たしてくれます。
このミョウバン水のあとに、重曹をはたいておくというのもいいようでした。
どちらもわきの下の皮膚に刺激を与えたりすることがありませんので、とても便利です。
腋臭の人は運動を嫌う傾向があるように感じました。
確かに運動をするとわきの下の臭いがきつくなるように感じるのですが、それは服についた汗とわきの下に雑菌が増えてしまって臭いを発しているのであって、わきの下事態が臭いをはっしているわけではないといいます。
ですので、先ほども言いましたように清潔さを保つようにしていれば、かえって運動をすることによっていい汗をかくことができるのでとてもいいことだといえます。
運動不足だと汗はくさくなる、というか汗臭くなりやすいとも耳にしたことがあります。
ですので、軽いものでもいいので毎日、もしくは定期的に行うことによっていい汗を流すこともできますし、わきの下をどうやって効率よく清潔に保つことができるか、ということもわかるのではないでしょうか。
腋臭だと少し歩くだけでも汗がどっと出てしまうことがあります。
そのことで歩くことや外に出ることも億劫になってしまうことがありました。
ですが、あらかじめ対策をとっておくことで、動くことが嫌になることはありません。
むしろ外の環境に触れることでストレスを軽減してくれる役割もあると思います。
わきの下の汗や臭いが気になってしまい、動くことや人と話すことを苦手になることがありますが、きちんと対策をとることで軽減させることは可能です。
定期的に体を動かすこと、清潔さを保つこと、そしてストレスをなくすことはとても大事なことだと感じました。
また、どうしても強い臭いで対策ができない、と感じられた場合には専門の医師に相談して治療を行うことにした方がいいでしょう。

Copyright(C) 2013 におい改善.com All Rights Reserved.